これだけでミックスがしやすくなる?

これだけでミックスがしやすくなる?

・これだけでミックスがしやすくなる?

こんにちは。今週の歯医者をさぼってしまった管理人です。

ミックスのときエフェクターの設定をするために、同じところを何度も聴くことがあります。それが1か所だけなら、範囲選択で繰り返し聴けばいいのですが、何か所もあると毎回範囲選択するのはメンドウです。

そんなときに役立つDAWの設定があるんです^^

それが「曲の停止と同時にロケーターを元の再生開始位置に戻す」という設定です。

これはDAWで曲の再生中に再生/停止ボタンを押すと、自動的にロケーターが元の再生開始位置に戻るというものです。

カンタンに言うと、「再生/停止ボタンを押すだけで同じところからスタートして聴ける」ということです^^

*ロケーターというのは、再生開始位置にいる棒のようなものです。
↓ 


たったこれだけの設定ですが、ミックスがとってもやりやすくなるんです^^

DAWごとにやり方が違うので、CubaseProToolsLogicの順にご説明します。

スポンサーリンク

・Cubaseの場合

「Cubase」>「環境設定」でCubaseの環境設定を開きます。



次に環境設定の中から「トランスポート」を開きます。



最後に「停止時に再生位置に戻る」にチェックを入れます。



これで終わりです^^

・ProToolsの場合

ProToolsの場合は最初からこの設定(のはず)です、、^^;

もし、曲の再生/停止をしてもロケーターが自動で元の再生開始位置に戻らない場合は、画像のところをスイッチoffにします。


●Logicの場合

「Logic Pro X」>「キーコマンド」>「編集」でキーコマンドの編集画面を開きます。



次にキーコマンドの編集画面の中から「グローバルコマンド」を開き、「再生または停止して最後に指定した位置に移動」にスペースキーを割り当てます。



これで完了です。

ちょっとしたことですが、これだけですごくミックスがやりやすくなるので、ぜひ試してみてください^^

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。