【DTM】ミキシングでボーカルをハスキーボイス風に!

【DTM】ミキシングでボーカルをハスキーボイス風に!

ハスキーボイスって男女問わずかっこいいですよね^^ 今回はミキシングでボーカルをハスキーボイス風にするやり方なんですが、、

「ミキシングでハスキーボイスにしよう!」ということはそうそう無いと思います^^; こんな方法もあるよということで書いておきます。


スポンサーリンク

ハスキーボイス風ボーカルの作り方

まず、ボーカルトラックにEQをかけます。セッティングは下の画像のように500Hz辺りをカットして、8kHz辺りをブーストします。

※EQの詳しい使い方は下の記事をどうぞ。

関連 【DTM】DAWでのEQ(イコライザー)の使い方とコツ

次に、Auxトラック(FXチャンネル)を1つ用意してボーカルトラックからセンド&リターンで送ります。

※センド&リターンの詳しいやり方は下の記事をどうぞ。

関連 【DTM】インサートとセンド&リターンの違い

用意したAuxトラック(FXチャンネル)に 「EQ」 → 「ディストーション」 の順にエフェクトを入れます。

EQは下の画像ようにハイパスフィルターで4kHzぐらいまでガッツリとカットします。

ディストーションは少し歪ませるぐらいにします。僕はProToolsのLo-Fiというエフェクトで「Distortion」を4ぐらいにしました。

あとはお好みでAuxトラック(FXチャンネル)のボリュームを調整して完成です。Auxトラック(FXチャンネル)の音は下の音源のようになります。


下にボーカルトラックとAuxトラック(FXチャンネル)を混ぜた音源を用意しました。ボーカルトラックだけのものと聞きくらべてみてください。

・Auxトラック(FXチャンネル)を混ぜたもの

上の音源は分かりやすいようにAuxトラック(FXチャンネル)の音量を大きめにしてあります。実際にミックスで使う場合はもう少し控えめのほうがいいです。

さいごに

、、まぁ、ハスキーボイスってことで!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。