【DTM】音量差の激しいものにコンプレッサーをキレイにかける方法

【DTM】音量差の激しいものにコンプレッサーをキレイにかける方法

音量差の激しいものを無理にコンプレッサーでそろえようとすると、

  • 音量が波のように一定にならない
  • 不自然に音量が小さくなるところがある

なんてことがあります。

下の音源のような状態です。


原因はコンプレッサーのかけ過ぎです!

コンプレッサーのセッティングをゆるくすれば解決できます。しかし、そうすると音量のばらつきが解決できません。

ということで今回は、音量差の激しいものにコンプレッサーをかけるやり方をご紹介します。

コンプレッサーの使い方は下の記事をどうぞ。

関連 コンプレッサーを使ってみたけど、、使い方がわからない!!


スポンサーリンク

複数のコンプレッサーを使う

1つ目は、コンプレッサーを複数使うやり方です。

1つのコンプレッサーで無理にやるのではなく、コンプレッサーを2個以上使って、少しづつ音量をそろえていきます。

やり方はとってもカンタンで、コンプレッサーを複数並べるだけです。(使うコンプレッサーは同じものでなくても大丈夫です。)

コンプレッサーでつぶす量も、それぞれのコンプレッサーで均等に分割したり、最初ガッツリかけて後ろは軽くしたり、最初は軽くかけて後ろでガッツリかけたりといろいろできます。それ次第で音も変わってくるので、いろいろ試してみてください。

注意点が1つだけあります。

アタックタイム最速で何個もコンプレッサーをかけると、音がこもることがあります。そんなときはアタックタイムを遅くしたり、コンプの数を減らすことで改善できます。

オートメーションを使う

2つ目はボリュームのオートメーションを使うやり方です。

ボリュームのオートメーションで音量差を無くすことで、無理にコンプレッサーで音量をおさえる必要がなくなります。

DAWソフトごとのオートメーションのやり方は下のリンクからどうぞ。

EQを補助に使う

低音が多く含まれる音源にコンプレッサーをかける場合、コンプレッサーが低音に反応してうまくかからないことがあります。(高音と比べて低音のほうが力が強いから)

そんなときはあらかじめEQで音質をととのえておくことで、コンプレッサーのかかりを良くすることができます。

やり方は、”EQ” → “コンプレッサー”の順にエフェクトを並べます。EQを画像のようにフィルタータイプにし、音がかわらない程度に低音を切ります。(EQの使い方は下の記事もどうぞ。)

関連 【DTM】DAWでのEQ(イコライザー)の使い方とコツ

全て一緒にやる

3つのやり方をご紹介しましたが、すべてを一緒にやるのも効果的です。ただ、3つを同時にやるためにはチョットしたコツがあるので、DAWソフトごとにご説明します。

DAWソフトの名前の下にある【~~の説明を開く↓】をクリックすると、説明が開きます。

ProToolsでのやり方

Cubase Proでのやり方

Logic Proでのやり方

さいごに

昔、「フェーダーを使ってオートメーションを書くのが苦手なんです。」って話をしていたら、「ペン(ペンタブレットのこと)いいよ!」ってエンジニアさんに言われたことがあります。

まさか「ペンタブレット」という選択肢は自分には思いつかなかったので、すごく感動した覚えがあります。ただ、結局僕はトラックパッドがしっくりきたので、タッチペンを使うことはなかったんですが^^;

もし、フィジカルコントローラーからマウスまで色々試したけど、いいのが見つからない!という方は「ペンタブレット」を試してみてはいかがでしょうか。

ワコム Intuos Pro ペンタブレット Mサイズ Check!

スポンサーリンク

コメント

  1. toru より:

    いつも良質な記事をありがとうございます。参考にさせていただいております。
    質問なのですが、なぜ、ボリュームのオートメーションからまず先にやるのでしょうか。
    私が習ってきたものだと、コンプレッサーから先にやってEQで音質を整え、最後にオートメーションをするという手順で教わり、今回の記事では全く逆の手順で記載をされているので正直戸惑っています。詳しく知りたいのでもし宜しければ細かくご教示願えませんでしょうか。

    • 管理人 より:

      toruさん、はじめまして。

      読んでいただきありがとうございます。
      僕もそう教わりました^^;
      普通のオーディオ素材ならそれで大丈夫です!

      この記事では「録り音に音量差がありすぎて、まともにコンプレッサーがかからない」ってことを前提に書いたものなんです。言葉足らずですみません^^;
      なので、まずは録り音全体にコンプレッサーがかかるようにするために、あらかじめボリュームのオートメーションを書いておくということです。(ここはおおざっぱで大丈夫です。)
      こうすることで最後にガッツリ音圧をあげたときに、音のバランスが崩れるのを防ぐことができます。

  2. toru より:

    管理人様

    この度はご丁寧にご説明いただき誠にありがとうございます。
    おかげで綺麗にコンプレッサーをかけることができました。
    でも、また一つ疑問が出てきたのでご質問させてください。

    このまま入れてもボリュームのオートメーションがコンプレッサーに反映されません。なので、エフェクト用のトラックとしてAuxトラックを1つ作ります。

    と記事中では記述されていますが、なぜ、auxトラックに通さなくてはいけないのでしょうか。
    たしかに、この方法だとオートメーションがコンプレッサーに反映されないことはわかりました。
    でもいままで「ボーカルトラック」に直接エフェクトをかけていたものとしては、
    なんというのでしょう、言葉でちゃんとした「理由」といいますが、
    「auxトラックに通さないとオートメーションが反映しない理由」を知りたいです。

    大変申し訳ございませんが、ご教示くださいませんでしょうか。

    • 管理人 より:

      toruさん、こんにちは。

      とんでもないです^^

      普通のトラックはどのDAWソフトも同じだと思うのですが(違かったらすみません^^;)、音声信号はトラックに入ってくると 「エフェクト」 → 「パン・ボリュームフェーダー」 の順番で通ります。
      トラックがそういう仕組みになっているので、そのままだとボリュームのオートメーションをエフェクトよりも先に音声信号に反映させることができません。なので、auxトラックを使ってその順番を逆にします。
      まず「ボリュームのオートメーションをかけるトラック(オーディオトラック)」と「エフェクトをかけるトラック(auxトラック)」というぐあいに、トラックごとに役割分担させます。そして、そのauxトラックを後ろにもってくることで、音声信号に反映される順番が 「ボリュームフェーダー」 → 「エフェクト」 とすることができます。
      というのが理由です。

      もし「無駄にトラックが増えてゴチャゴチャするな〜」というときは、ボリュームのオートメーションを書いたものだけを一度書き出します。
      そして、それを新たに読み込んでオーディオトラックを作り、そのトラックにエフェクトをかけます。そうすればオーディオトラック1つだけで済みます。
      元のオーディオトラックは非アクティブ・非表示にしておきます。(保険のために元のトラックは削除しないで、残しておきます。)
      そうすればスッキリして見やすいです^^

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。