【DTM】リバーブを使いこなす!〜パラメータとその効果〜

【DTM】リバーブを使いこなす!〜パラメータとその効果〜

リバーブは部屋やコンサートホールなどの響きをつけ足せるエフェクトです。

このエフェクトを使いこなすには、それぞれのパラメータがどんな働きをしているのか知らなくてはなりません。しかし、このエフェクトはパラメータがチョット多いんです^^;

主なパラメータにしぼって説明していきます。


スポンサーリンク

Reverb Type

この「Reverb Type(リバーブタイプ)」でリバーブの種類、空間の大きさを変えます。

・Hall(ホール)

コンサートホールなどの大きい空間。

・Room(ルーム)

レコーディングスタジオなどの狭い空間

・Chamber(チャンバー)

リバーブを作る用の部屋。

・Plate Reverb(プレート・リバーブ)

リバーブを発生させる板のリバーブ音。

・Spring Reverb(スプリング・リバーブ)

リバーブを発生させるバネのリバーブ音。

などがあります。

Reverb Time

ものによっては「Decay Time」、「Decay」となっています。

この「Reverb Time(リバーブタイム)」ではリバーブ音が消えるまでの時間を変えることができます。つまり、リバーブ音の持続時間が変えられるということです。長くするほどリバーブ音が長く続きます。

Room Size

「リバーブタイプ」の微調整をするところです。この「Room Size(ルームサイズ)」でリバーブ音の長さが変えられます。値を大きくするほどリバーブ音の長さも長くなります。

もしかしたら「リバーブタイム」と「ルームサイズ」の違いが分かりづらいかもしれませんね。

下の画像を見てもらえれば分かりやすと思います。「ルームサイズ」では元の音のタイムストレッチをして波形の長さを変えます。

Pre Delay

この「Pre Delay(プリディレイ)」では原音が鳴ってからリバーブ音が鳴るまでの時間を変えることができます。遅くするほどリバーブ音が遅れて聞こえます。

Early Reflection

ものによっては「ER」、「Early」、「Early Ref」と略されています。

この「Early Reflection(アーリーリフレクション)」では最初の反射音の音量を変えることができます。また、最初の反射音のことを「初期反射」といいます。

下の画像だと最初に聴こえてくる「赤のヤッホー」がこれです。

Tail

この「Tail(テイル)」で「初期反射」のあとの残響音の音量が変えられます。上の画像だと「黒いヤッホー」の部分です。

ポイントは「PreDelay」「EarlyReflection」「Tail」

この3つを使って「空間の広さ」「原音の輪郭(りんかく)」「原音の距離感(原音が聞こえる位置)」をより細かく設定できます。

「原音の輪郭」を出したいときは「プリディレイ」を上げ、「アーリーリフレクション」を下げます。また、「原音の輪郭」がはっきりすると「原音の距離感(原音が聞こえる位置)」が近くなります。

ただ、「プリディレイ」がない状態で「テイル」を上げると「原音の距離感(原音が聞こえる位置)」が遠くなります。

「空間の広さ」は「テイル」「プリディレイ」を上げ、「アーリーリフレクション」を下げると広くなります。

と、3つのパラメータが絡みあうので分かりづらいかもしれませんね^^;

下に2つの音源を用意しました。「1」は「プリディレイ」有り、「アーリーリフレクション」を抑え、「テイル」を少し上げたものです。「2」は「PreDelay」無し、「EarlyReflection」を上げ、「Tail」を抑えたものです。

どちらもこれら以外は同じ設定です。違いを聴きくらべてみてください。(効果が分かりやすいように強くかけてあります。)

音源1は空間は広いんだけど、ドラムは近くで演奏しているように聴こえたのではないでしょうか。

逆に、音源2は空間は狭いけど、ドラムが少し奥まったところで演奏しているように聴こえたかと思います。

こんなかんじでより細かい設定ができるわけです^^

もし難しいなと感じたら、触らなければ大丈夫です^^b

Damping

この「Damping(ダンピング)」で周波数ごとに「リバーブタイム」が変えられます。

EQ

ただのEQです^^; EQの使い方は下の記事をどうぞ。

関連 【DTM】DAWでのEQ(イコライザー)の使い方とコツ

Mix(Dry/Wet)

ここで原音とリバーブ音をどれぐらい混ぜるかが変えられます。

センド&リターンで使う場合はここを100%にします。インサートで個別に使う場合はここでリバーブのかかり具合を変えます。

ということで、今回はここまでです^^

リバーブの音作りはまず「リバーブタイプ」「リバーブタイム」「ルームサイズ」で大まかに決めます。次に「プリディレイ」「アーリーリフレクション」「テイル」で微調整します。そして、「ダンピング」と「EQ」でリバーブ音を調えるといったぐあいです。

リバーブに送る原音の量、リバーブの音量でも変化するので気をつけてください。

ここができれば思い通りの響きを作ることができます。ぜひマスターしちゃってください^^

さいごに

コンプレッサーほどではないですが、リバーブも使いこなすのが難しいエフェクトです。

なので、リバーブについての本が出ています。リバーブについてもっと知りたいという方は、参考にしてみてはいかがでしょうか^^

参考 スグに使えるディレイ&リバーブレシピ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。