【DTM】ダイナミックイコライザーをお探しの人必見!フリーウェアの「TDR Nova」

【DTM】ダイナミックイコライザーをお探しの人必見!フリーウェアの「TDR Nova」

今年も残すところあとわずかですね!

ということで、今年最後の記事で紹介するのはフリーウェアのダイナミックEQである「TDR Nova」です。上の画像がそうです。

ICONさんの記事で紹介されていたので、さっそくダウンロードして使ってみました。ダウンロードはコチラのページからできます。

上のページを開いて下の方に行くと下の画像のところがあるので、そこからダウンロードできます。ちなみに、ご使用は自己責任でお願いします^^

使い方の前にまずはダイナミックEQについてカンタンに説明します。


スポンサーリンク

ダイナミックイコライザー(EQ)とは

普通のEQは周波数を選び、そこをどのくらいカット(ブースト)するかを決めたらそれが変わることはありません。つまり、カットにしろ、ブーストにしろ一定の効果がかかり続けるわけです。

逆にダイナミックEQは、入ってくる音量によってEQのかかり具合が変わります。つまり、大きな音量が入ってくればその分だけEQのかかりが強くなり、小さな音量ならEQのかかりが弱くなります。

そんなふうに、入力音量によってEQのかかり具合が変わるのがダイナミックEQというわけです。

、、と文章でうだうだ書くより、実際に使った方がダイナミックEQがどんなものなのかすぐに分かるはずです^^; なので、ここからは実際に「TDR Nova」を使いながら読んでみてください。

「TDR Nova」の基本的な使い方

これは4バンドのEQと「W Band Filter」という独立したコンプレッサーでできています。また、左下にフィルターセクションがあり、そこでフィルターをかけることができます。

「TDR Nova」に入ってきた音はまずそのフィルターを通って、それぞれのEQと「W Band Filter」に行くことになります。

EQは真ん中にあるI〜IVボタンの下の「ON」ボタンで、それぞれのオン/オフを切り替えることができます。(下の画像)

「ON」にするとそのバンドの設定画面が表示され、下の画像の部分でEQの設定を行います。(下の画像)

EQの使い方は下の記事をどうぞ。

参考 【DTM】DAWでのEQ(イコライザー)の使い方とコツ

ここまでなら普通のEQとして使うことができます。さらに「THRESHOLD」ボタンを押すことで、そのバンドがダイナミックEQとして機能するようになります。(下の画像)

あとはコンプレッサーと同じように設定するだけです。コンプレッサーの使い方は下の記事をどうぞ。

参考 【DTM】コンプレッサーを使ってみたけど、、使い方がわからない!!

また、下の画像のように「SPLIT」ボタンをオフにすると、「RATIO」「ATTACK」「RELEASE」が「W Band Filter」と同期するようになります。

それぞれの設定は「W Band Filter」側で設定した値になります。

あと、右下についている「DRY MIX」ボタンで「エフェクトをかける前の音(ドライ音)」と「エフェクトをかけた音(エフェクト音)」の混ざり具合を調節することができます。右に回すとドライ音が増えていきます。

次にサイドチェインの設定方法です。

「TDR Nova」のサイドチェインのやり方

まずはDAWソフトごとのサイドチェインの設定をします。ProTools、Cubase、Logicでのやり方は下の記事をどうぞ。

参考 サイドチェーン(サイドチェイン)ってなに?

次に「TDR Nova」側の設定です。まず、下の画像の部分で「EXT SC」を選びます。

次に、「THRESHOLD」ボタンを押してダイナミックEQ機能をオンにします。(下の画像)

これで「TDR Nova」がサイドチェインで設定したトラック音にあわせて、ダイナミックEQがかかるようになります。

ということで、使い方は以上です。

ちなみに、6バンドでより詳細なダイナミクスコントロール、無料版よりも音質が高い有料版「TDR Nova – Gentleman’s Edition」もあるみたいです。(40ユーロ)

さいごに

ダイナミックEQの説明で、

普通のEQは周波数を選び、そこをどのくらいカット(ブースト)するかを決めたらそれが変わることはありません。つまり、カットにしろ、ブーストにしろ一定の効果がかかり続けるわけです。

なんて書いたのですが、、、実際には普通のEQでも入力音量によって効果が少し変わります

つまり、大きな音量が入ってくればその分だけEQのかかりが強くなり、小さな音量ならEQのかかりが弱くなるわけです。

ただ、ダイナミックEQほど大きな変化が無いので、説明のためにそこはあえて伏せました^^; なので、騙されないように気をつけてくださいね^^;

今年も残りわずかですが、良いお年をお過ごしください^^ 来年もよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。