【DTM】SLATE DIGITALの無料プラグイン「Revival」

【DTM】SLATE DIGITALの無料プラグイン「Revival」

今回はフリーソフトの「Revival」をご紹介します。

これはエンハンサーというエフェクトで、周波数をつけ足しつつ、アナログ機器を通したような音にしてくれます。

詳しくは下のページをどうぞ。

参考 SLATE DIGITAL「Revival」


スポンサーリンク

Revival

このエフェクトは前から持っていたのですが、手元にマニュアルも無いのでなんのエフェクトだか分からず、使っていなかったんです。

たまたま音楽系のブログを読んでいたらこの「リバイバル」を見つけ、これがエンハンサーだと知りました^^;

なので、さっそく使ってみました。

iLok2が必要

これ自体はフリーソフトなんですが、使うのにiLok2が必要なんです。

iLok2

参考 iLok2

iLok2はUSBライセンスキーで、Cubaseでいうところのスタインバーグキーです。ProToolsを使っている人にはおなじみのドングルですね。

ダウロードとアクティベーション

下のページからダウンロードできます。(ご使用は自己責任でお願いします。)

参考 SLATE DIGITAL「Revival」

ページを開くと右上に「Free Download」、左下に「Download for Free」というボタンがあるので、どちらかを押します。

すると下の画像のページに飛ぶので、メールアドレスと名前を入力をして「SEND」をクリックします。

下の画像のページに飛ぶので、真ん中辺りにあるインストーラーをクリックするとダウンロードが始まります。お使いのOSに合わせたものを選んでください。

ダウンロードしたらインストーラーを起動して、インストールします。

次にアクティベーションですが、さきほど入力したメールアドレス宛にアクティベーションコードが送られてきます。メールが届いたらiLok2を接続し、「iLok License Manager」を起動して左上にある「Sing In」をクリックします。

次に「Licenses」 > 「Redeem Activation Code」をクリックすると、下の画像の画面が出てくるのでさきほどのアクティベーションコードを入れます。

入れ終わるとデポジット画面が出てくるので、入れたいiLokを選んで「Activate」ボタンを押します。(画像は他のライセンスのものなので、本来なら「Virtual Mix Rack」と表示されます。)

すると確認画面が出るので、大丈夫なら「OK」を押します。

あとは終わるのを待つだけです。終わると下の画面に変わります。

Revivalを使って見る

操作はとってもカンタンで、ShimmerとThicknessの2つのノブを回すだけです。

Shimmerを回すと明るい音になり、Thicknessを回すと暖かみのある太い音になります。

下に音源を用意したので、聴きくらべてみてください。分かりやすいようにShimmerもThicknessも効果を最大にしてあります。

ハッキリと変化が分かったのではないでしょうか。Simmerを使ったものはハイハットやシンバルの音がかなり明るくなって、部屋鳴りも増しています。

Thicknessを使ったものはバスドラム、スネアの音が力強く太い音になっています。

周波数

周波数がどんなふうに変わるのか、ホワイトノイズにリバイバルをかけて調べてみました。

・Shimmerを使ったもの

超高音域を増やしているのが分かります。

・Thickness

0〜300Hz辺りを増やしているのが分かります。

さいごに

今回初めて使ってみたんですが、これはいいです!効果も分かりやすくてかなり使えそうです^^ iLok2をお持ちの人はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。