【DTM】WAVESのマキシマイザー「L3-16」を使いこなす!

【DTM】WAVESのマキシマイザー「L3-16」を使いこなす!

マキシマイザーで有名なWAVESの「L3」シリーズ。使っている人は多いのではないでしょうか。ちなみに、僕もそのうちの1人です。

このシリーズの最大の特徴はマルチバンドなところです。周波数ごとに圧縮量を変えられてとっても便利なんです。

今回はそんな「L3」シリーズの中でも「L3-16」に絞ってお伝えします。


スポンサーリンク

L3-16

「L3-16」はLシリーズのフラッグシップモデルで、もっとも新しい製品です。(新しいといっても出たのはだいぶ前ですが^^;)

なぜ「16」なのかというと、バンド数が16だからです。ただ、それを全部操作するのは大変だろうということで、僕たちが操作できるのは6バンドだけになっています。

それでは詳しく使い方を説明していきます。

L3-16の使い方

まずは左上にある「Threshold」を下げて全体の音圧を上げていきます。

ちなみに「Out Ceiling」では出力音量が変えられ、「Atten」には今どのくらい圧縮されているかが表示されます。

EQの設定

右側にあるEQセクションでは周波数ごとに細かく設定ができます。

まず「Priority」で周波数ごとにスレッショルドが変えられます。ここを上げるとその帯域のスレッショルドが上がり、圧縮量が小さくなります。

「Gain」では音量が変えられます。また、プライオリティとゲインはその間にある矢印のところで一緒に動かせます。

その矢印を上げることで、そこだけ圧縮を弱めつつも存在感を出すなんてことができます。

例えば、迫力を出したいなというときは下の画像のように、60Hz辺りのプライオリティとゲインを一緒に上げます。

さらに、ボーカルも強調したいなというときは下の画像のように、1kHz周辺のプライオリティとゲインを一緒に上げます。

・60Hz辺りと1kHz周辺を上げたもの

1kHz周辺を上げたことでボーカルがより強調できたのではないでしょうか。

ただ、「60Hz辺りだけ上げたもの」に比べ「60Hz辺りと1kHz周辺を上げたもの」は低音が少し弱くなっています。

実はプライオリティを上げた帯域はスレッショルドが上がり圧縮量は減りますが、その分他の帯域のスレッショルドは下がり圧縮量が大きくなります。

プライオリティは連動しているので注意してくださいね!

あと、上の例では同時に動かしましたが、もちろん片方だけ動かすのもありです。

リリースタイム

次にリリースタイムです。

リリースタイムはオートリリースになっていて、「Release Character」でオートリリースのタイプを選び、「Release」フェーダーでリリースタイムの長さを変えます。

リリースフェーダーは下げるほどリリースタイムが短くなり音圧が出ます。ただ、その分歪みやすくもなるので注意してください。

リリースキャラクターは選んだタイプでかなり音が変わります。右の画像のものが選べます。

それぞれの名前でなんとなくどうなるのかは分かると思います。強調したい楽器があれば楽器名のものを選んで、狙う音質があればそれを選ぶといいです。

もし、ボーカルを強調したいときは「Vocal Priority 2」がオススメです。

セパレート

次にセパレートです。これは帯域ごとの音の混ざり具合を変えるところです。「High」「Medium」「Low」の3つから選べます。

Lowだと帯域ごとの音の混ざりが多くなり、コンプレッションがかかったときも自然な感じになります。ただ、帯域ごとのEQの設定がかかりにくくなります。

Highだと帯域ごとの音の混ざりが少なくなるので、コンプレッションがかかったときに少し不自然な感じになります。ただ、帯域ごとのEQの設定がかかりやすく、Lowと比べると音圧感もより出ます。

Mediumは2つの中間です。

僕はいつも「ミディアム」と「ハイ」で迷うのですが、結局音圧が欲しくなってハイになります^^;

IDR

次にIDRセクションです。

ここはディザーで、ディザリングの設定ができます。ディザーとディザリングについては下の記事をどうぞ。

関連 WAVESのLシリーズについてるIDRって何?

IDRでは「Dither」でノイズのつけ方を選んで、「Shaping」でノイズの種類を選びます。

マニュアルによると、

「Dither」 の「Type1」はオールラウンドに使用可能で、 オーディオデータの最適化を優先します。ダイナミックレンジが 非常に広く、音量レベルが小さいパートでノイズが目立つ場合は「Type2」を選んで下さい。「オーディオデータの最適化最適化」よりノイズ軽減を優先します。

「Shaping」の「Moderate」 は軽いノイズシェイプ、「Normal」は標準、「Ultra」はマスタリン グ時の使用を前提とした強いノイズシェイプを行います。Ultra は 他の 2 つに比べ高音のエネルギーを増大させますので注意が必要 です。

だそうです。

もし、使わない場合は「Dither」と「Shaping」で「none」を選べば止まります。

さいごに

ということで「L3-16」の機能と使い方は以上です。

僕は使うときにいつも歪みの量で迷っている気がします^^; 歪みを抑えれば音圧は低くなるし、音圧を取れば歪みは大きくなるし、、悩みどころです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。