【ミキシング講座】マキシマイザーを使って音圧を出そう

【ミキシング講座】マキシマイザーを使って音圧を出そう

マキシマイザーとは音を大きくしてくれるエフェクトです。コンプレッサーやリバーブと違って、とってもカンタンなパラメータなのでとても使いやすいです^^

さっそく使っていきましょう。


スポンサーリンク

マスタリングのときはマスタートラック

まずマスタリングでマキシマイザーを入れる場所はマスタートラックです。

ここに入れることで曲全体にかけることができます。

それではマキシマイザーを見ていきましょう。

使うパラメータは1つだけ

左の画像はCubaseのマキシマイザーです。パラメータはたったコレだけです^^;

使い方はとってもカンタンです。Cubaseのマキシマイザーの場合、「Optimize」を上げていくだけです。

やり過ぎると大変なことになるので、音が歪まないぐらいで止めておくのがいいです。あと、「Output」を触らないようにしましょう。

Logicの方は「Adaptive Limiter」、ProToolsの方は「maxim」がマキシマイザーです。

ということで今回はここまでです。ぜひ試してみてくださいね^^

「もっと音量を上げたいな」と思ったら、下の記事もどうぞ。

関連記事 【DTM】あなたの曲をもっと迫力的にするマスタリングテクニック

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。