【DTM】ミックスで役立つエフェクトテクニック〜マルチバンドコンプレッサー〜

【DTM】ミックスで役立つエフェクトテクニック〜マルチバンドコンプレッサー〜

今回はミックスで役立つエフェクトテクニックということで、マルチバンドコンプレッサーについてです。

マルチバンドコンプレッサーとは周波数ごとにコンプレッサーがかけられるエフェクトです。

一見パラメータが多いのでものすごく難しそうに見えるんですが、実際はそうでもなかったりします。よく見ると、コンプレッサーがいくつか並んでいるだけなんです。

パラメータもほとんどコンプレッサーと同じなので、コンプレッサーが使えればカンタンに使えます^^

これが使いこなせれば、一段階上のミックスができるようになりますよ。

もし、コンプレッサーの使い方がまだあやしいという方は、下の記事をどうぞ。

関連記事 コンプレッサーを使ってみたけど、、使い方がわからない!!


スポンサーリンク

マルチバンドコンプレッサー

このエフェクトの特徴はやっぱり「周波数ごとにコンプレッサーがかけられる」というところです。

これによって普通のコンプレッサーではできなかった「高音はかけないで、低音だけにコンプレッサーをかける」なんてことができるようになります。

下の音源はただコンプレッサーをかけただけのものと、マルチバンドコンプレッサーで低音・中音にだけコンプレッサーをかけたものです。聞きくらべてみてください。

・普通のコンプレッサーをかけたもの

・マルチバンドコンプレッサーで低音・中音だけにコンプレッサーをかけたもの

マルチバンドコンプレッサーを使った音源では高音にコンプレッサーがかかっていないので、明るい音に聞こえたと思います。

こんなふうにより細かい音作りができるようになるんです。

EQとして使う

もう1つの使い方として、EQではできなかった「特定の周波数を音量の高いときだけ抑える」ということができます。

EQで周波数をカットすると、音量が大きくても小さくても常にカットし続けることになります。しかし、マルチバンドコンプレッサーを使えば音量が大きいときだけ抑えて、音量が小さいときは何もしないということができるようになります。

実際にどう変わるのか、下にEQをかけた音源と、マルチバンドコンプレッサーをかけた音源を用意しました。下の画像のように、どちらも同じような周波数になるようにしてあります。

聞きくらべてみてください。

・マルチバンドコンプレッサーをかけたもの

違いは分かったでしょうか?

EQは常にカットし続けているのでスカスカな音に聞こえたと思います。逆に、マルチバンドコンプレッサーは音量が大きくなったときだけしかエフェクトがかからないので、全然スカスカな感じはしなかったと思います。

マスタリング

これはマスタリングで音圧を稼ぎたいときにも使えます。

周波数ごとに追い込んでいけるので、普通のコンプレッサーよりもよりピークを抑えることができます。また、周波数を見ながら「ここの周波数が出ているから抑えよう」なんてこともできます。

そうすることで音量の無駄使いが抑えられ、全体での音圧アップにつながります。

バンド数を増やす

僕は3バンド(分けられる周波数帯域の数)ぐらいが使いやすいのですが、「もっとバンド数があればな、、」と思うことも、、ありますかね? 念のためそんなときのやり方も書いておきます。

バンド数を増やしたいときは、マルチバンドコンプレッサーを重ねがけします。そうすることで下の画像のように、より細かく周波数をわけることができます。


ということで今回はここまでです。

マルチバンドコンプレッサーはかなりベンリなので、ぜひ使ってみてください^^

さいごに

今回使ったマルチバンドコンプレッサーはWAVESのC4というエフェクトです。カンタンなパラメータなので、EQのように手軽に使えます。

このC4はWAVESの”Gold Bundle”に入っています。

これはバンドル製品なので、他にもRenessanceEQやDeEsser、Vitaminなど高品位なエフェクトがそろっています。より良いミックスにしていきたい方にはオススメです。

ちょうどセールもしているみたいなので、この機会にあなたのミックスに取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考 WAVES “Gold Bundle” Check!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。