【DTM】ミキシングで役立つコンプテクニック!!

【DTM】ミキシングで役立つコンプテクニック!!

コンプレッサーは奥の深いエフェクトです。アタック感や余韻の調整、音圧、奥行きの調整などこれ1つでさまざまなことができます。

つまり、使いこなせればミックスがとっても良くなりますし、ラクに進められるようになるということです。

というわけで今回は、コンプレッサーをより使いこなすための1歩進んだテクニックをご紹介します。基本的な使い方を知りたい方は下の記事をどうぞ。

関連 【DTM】コンプレッサーを使ってみたけど、、使い方がわからない!!


スポンサーリンク

特定の周波数に反応させる

紹介するのは「コンプレッサーを特定の周波数に反応させる」というものです。ボーカルやソロ楽器を目立たせたいとき、前に出したいときにとても有効な手段です。

やり方はあとで詳しく書きますが下の画像のように接続することで、コンプレッサーが反応する周波数を調整できるようになります。

どんな音になるか想像しづらいと思うので、ボーカルに使った音源を用意しました。聞きくらべてみてください。(どちらもコンプレッサーの設定は同じです。)

・普通にコンプレッサーをかけたもの

上の方法を使ったほうは明るく、前に出てきたように聞こえたのではないでしょうか。

また、この方法を使うと低音が持ち上がりにくいので、コンプレッサー特有の音のこもりがなくなります。

ProTools、Cubase、Logicでのやり方

(※下にあるDAWソフトの名前をクリックすると、説明が切り替わります。)

・ProTools・Cubase・Logic

あとはコンプレッサーを設定して完了です!

仕組み

なんでこんなふうにするのか分かりづらいと思うので、カンタンに説明します。

コンプレッサーは音量に反応するので、普通にかけると青色のところに反応します。

しかし、サイドチェインを使ってコンプレッサーに入る音にEQをかけることで、波形が下の画像のようになります。すると音量の高い部分が高音域になり、コンプレッサーがそこに反応して動くという仕組みです。

高音域に合わせてコンプレッサーが動くことで、高音域が目立つようになるというわけです。また、低音がスルーされやすいので自然な低音感が出せます。

さいごに

かなり使える技なのでぜひ試してみてください^^

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。